今、トイレをリフォームした方が絶対得するこれだけの理由。

こんにちは。事務の石田です。

今回はトイレのリフォームについて、今リフォームをすると

どんな良いことが沢山あるのかを書いていきたいと思います。

 

 

トイレは家の中でも使い勝手や掃除のしにくさ、においなど悩みが多い場所です。

新しいトイレにリフォームすると、今までの悩みが

ずいぶん解消できるって知っていますか?

どうせトイレだからとあきらめていた方でも、最新のトイレにリフォームすると

その快適さと使いやすさにきっと驚くはずです。

 

具体的にどんな風に変わったのか

”なるほど!”と誰もがうなずく6つの理由を紹介します。

 


理由①

毎日のトイレ掃除が楽になります!

・便器のふちがなくなった

便器のふち掃除の大変さから解放されます。

便器のふちをなくしたり、拭きやすい形になったことで

掃除がとても楽になりました。

汚れが溜まりにくいふちの形状は、洗浄の水流方式が

変わったことで、大きく変化しました。

 

・便座とタンクの隙間がなくなった

また、便座とタンクの隙間をなくしたことで、ごみや汚れが

たまらない形になったので掃除が一層楽になりました。

 

・便器表面がツルツルに

最近のトイレは表面に汚れが付きにくくなりました。

そのわけは表面加工の大きな進化にあります。

便器の表面は陶器でできていますが、表面の凹凸を

百万分の一のミリのレベルまでなくしてツルツルにする

技術が生まれ、汚れの粒子が滑り落ちて

表面につきにくくなったのです!

LIXIL

 

理由②

狭いトイレ空間が広々と有効活用できます!

・便器は圧迫感を感じさせない物を

トイレは用足しの場所だけでなく、一人きりの時間が

持てる大切な空間でもあります。

一般的なトイレの広さは1畳と1.5畳タイプが多いのですが

この狭い空間にドンと大きな便器が置かれていると圧迫感を感じます。

そのため、便器はコンパクトなものに置き換えるだけで

ぐっと快適性がアップします。

パナソニック

・140mmも奥行きの短い便器が登場

最近は少ない水流で流す技術が向上し、

水をためておくタンクがないタンクレストイレが登場しました。

タンクレストイレは以前に比べ、140mmも短いタイプがあります。

奥行きが短いコンパクトサイズの便器にすると、トイレの空間が前後に広く使えることになり、

手すりや手洗いカウンターなどがつけやすくなります。

 

・アジャスター付き便器で工事もラクラク

以前は床の排水溝とトイレの構造の関係で、せっかくコンパクトな便器でも

排水管工事が大掛かりになる場合がありました。

しかし、最近のリフォーム対応便器は排水溝の位置を

動かすことが出来るアジャスターがついており、

特別な工事をしなくても便器の設置ができるようになりました。

 

理由③

節水効果でお財布の負担が軽くなります!

・トイレの水量はお風呂以上

トイレで流される水の量は家族で私用する水の30%と

最も多く、その量はお風呂よりも多いという調査結果があります。

トイレは1人1日7,8回は使うものです。

1回分の水量は大したことはなくても、ちりも積もれば山となります。

実際にトイレの水をもったいないと感じている人は多く、

何らかの節水対策をとっている家庭も多いのです。

 

・年間一万円以上の節水も

15年以上前のトイレは大便分1回に13リットルもの水を使っていました。

13リットルとは家庭用のバケツで2杯近い量にもなります。

最近のトイレは節水技術が進み、6リットル以下が主流となりました。

そのため、家族の多い家庭では便器の交換だけで、

年間12000円以上の水道代の削減につながる場合もあるのです。

 

・タンクレス化で節水技術が進化

トイレの節水技術はタンクレストイレにより一層進みました。

タンクレスは水道に直接つなぐ構造のため、水道の圧力と少ない水量でもきれいに流せる仕組みに

考えなくてはいけませんでいた。そこで考え出されたのが

渦巻き状に水うぃながす方法です。この方法で水が少なくても

大きな洗浄力を生み出すことが出来るようになったのです。

 

理由④

便座が進化して、電気代もにおいもカットされました。

 

・7割の家庭に普及した温水洗浄便座

寒い冬でも座った時に暖かく、用を足した後に

綺麗に洗ってくれる温水洗浄便座は、今やすっかり

暮らしに浸透し、家庭への普及率は7割に達しています。

最近の温水洗浄便座の特長は省エネ化が進んだことです。

例えば暖房便座のヒーター部分は二を閉じると

節電モードになるタイプがあります。

 

・自動で便座の温度を調節

深夜など、トイレをあまり使用していない時間帯には自動で温度を下げてくれる商品もあります。

また、トイレに近づくと自動的にヒーターのスイッチが入り、瞬間的に便座を温め、使用が終わると

自動的にスイッチが切れるという一層省エネが進んだ商品も、登場してきました。

 

・脱臭機能が嫌なにおいを強力除去

キチンと掃除し、消臭剤などを使っても、においが気になる人は多いものです。

においのもとはトイレの構造が原因である場合が多いのです。

最近のトイレはにおいがほとんど気になりません。座ると脱臭機能が

自動で作動してにおいを除去してくれます。

また、脱臭機能の強弱を操作できるタイプもあり、お客様にも

不快な思いをさせることがないので安心です。

 

理由⑤

使用後は自動で洗浄し、ふたも自動で開閉してくれます。

・便器から離れると勝手に洗浄

今まで、用を足した後、ついうっかり流し忘れてしまったり、

レバー操作が不十分なため完全に流し切れていなかったりすることが

よくありました。これが、汚れやにおいの原因の1つになります。

最近のトイレは便器から離れると、徐堂で便器を洗浄する自動洗浄機能が

付いたものが多くなってきました。

 

・自動開閉のフタで無理な姿勢いらず

便器のフタのセンサーが人を感知して、自動で開閉するタイプが登場しました。

この自動機能のおかげでフタの開閉操作の必要がなく、トイレに直接触らないため、清潔です。

トイレは水を流すタンクのレバー操作やフタの開閉など、人によっては

無理な姿勢になる場合もあり、どちらも人にやさしい機能といえます。

 

・使い慣れた時の注意点も

健康管理のために便の状態をチェックしたい場合には自動洗浄機能を使わないこともできます。

また、小さい子供が家庭で自動開閉、自動洗浄機能に慣れてしまうと外出先での洗浄し忘れなどに

つながるので、使い慣れしていても、マナーに注意はお忘れなく。

 

いかがでしたか?

今現在、トイレの機能がとても豊富になってきています。

足腰が辛くなってきた方には便座の昇降機能や手すり、ひじ掛けのオプション

など、とても充実しています。

 

TOTO,TAKARA、LIXILなど取り扱っているお店も多いので

迷ってしまいそうですね。

 

またトイレのおすすめ記事も順次上げていきたいと思いますので

ぜひご覧ください。

無料お見積り・お問合せ